トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】back

【Java】back・・・ブラウザを履歴中で一段階戻す

「back」はブラウザの戻るボタン押下した時と同じ動作をします。

「back」を1度実行すると、現在のブラウザ表示から履歴を1つさかのぼって画面表示していきます。また、履歴をさかのぼることでブラウザの進むボタンが有効になります。

現在のブラウザ表示状態が、履歴中で一番古い場合(戻る履歴が存在しない場合)は「back」を実行してもブラウザ表示状態はそのままで変化しません。

説明

◆メソッド
  ・void back()
◆使用形態
  ・driver.navigate().back()
◆備考
  ・ブラウザ動作に依存しているためブラウザによっては、
        『戻る』と違った動きをみせる可能性もある
◆関連項目
  ・ブラウザを履歴中で一段階進める
  ・ブラウザを更新する

サンプル

import java.time.Duration;

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;
   
public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverのパスを指定
	System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
		                            "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
	//Chromeを起動する
	WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //Googleページに移行
    driver.get("https://www.google.co.jp");
    //Yahooページに移行
    driver.get("https://www.yahoo.co.jp");
    //10秒間のDurationを設定
    Duration waitTime = Duration.ofSeconds(10);
    //ページが完全にロードされるまで待機(最大10秒待機)
    driver.manage().timeouts().pageLoadTimeout(waitTime);
    //Googleページへ戻る(ブラウザを履歴中で一段階戻す)
    driver.navigate().back();
  }
}
※selenium version 4.1.4で動作確認をしています(ブラウザのUIや属性値などが変更された場合、実行結果が異なる可能性があります)

実行結果

back
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

動画デモ

※字幕をONにすると解説のテロップが表示されます※

JavaAPIアクセス TOP10
過去1週間(9/30~10/06)

  1. isSelected
  2. sendKeys
  3. getCurrentUrl
  4. id
  5. getScreenshotAs
  6. close
  7. get
  8. isDisplayed
  9. cssSelector
  10. click

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】back
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved