トップページ > Seleniumインストール > 動作確認(Selenium Python)

動作確認(Selenium Python)

【PR】業界トップクラスの「高単価報酬」「低マージン」を実現!レバテックフリーランス

Seleniumの実行

テストスクリプトを記述してSeleniumを実行する前に、ブラウザに対応するドライバを入手する必要があります。Selenium Javaの環境構築と同様に、指定サイトからダウンロードします。ダウンロード手順はこちらになります。

ダウンロード後にファイルを解凍し任意のパスに保存したら、テストスクリプトを記述するファイルを新規作成します。[ファイル]メニュー - [新規作成]の選択でファイルを作成することが出来ます。ファイルが作成されたら以下のように記述していきます。

from selenium import webdriver

#ChromeDriverのパスを引数に指定しChromeを起動
driver = webdriver.Chrome("C:\AutoTest_Python\chromedriver")
#指定したURLに遷移
driver.get("https://www.google.co.jp")
#ドライバーを閉じる
driver.quit()

ここでChromeの引数には、Chromeブラウザのドライバのパスを指定します。次に[ファイル]メニュー - [保存]を選択してファイルを保存していきます。ここで拡張子は「.py」で保存していきます。

python_varidation

それでは動作確認していきます。実行は「Alt + r」、停止は「Ctrl + Shift + c」で行っていきます。実行後、Chromeブラウザが起動しGoogleトップページに移行後ブラウザが閉じれば成功です。

前のページへ


Fatal error: Uncaught Google_Service_Exception: Error calling GET https://www.googleapis.com/analytics/v3/data/ga?ids=ga%3A138132118&start-date=7daysAgo&end-date=yesterday&metrics=ga%3Apageviews&dimensions=ga%3ApageTitle%2C+ga%3ApagePath&sort=-ga%3Apageviews&max-results=1000: (403) User does not have sufficient permissions for this profile. in /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php:110 Stack trace: #0 /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php(62): Google_Http_REST::decodeHttpResponse(Object(Google_Http_Request), Object(Google_Client)) #1 /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Task/Runner.php(174): Google_Http_REST::doExecute(Object(Google_Client), Object(Google_Http_Request)) #2 /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php(46): Google_Task_Runner->run() #3 /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref in /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php on line 110