トップページ > Appium API(逆引き) > 【Appium Python】キャプチャ関連

【Appium Python】キャプチャ関連

【PR】業界トップクラスの「高単価報酬」「低マージン」を実現!レバテックフリーランス

「get_screenshot_as_file」の実行で画面キャプチャをファイルで取得することが出来ます。保存先は「get_screenshot_as_file」の引数で指定することでローカルPCに保存することが出来ます。


動画キャプチャは「start_recording_screen」の実行での記録を開始し、「stop_recording_screen」で記録を終了させます。startとstop間の記録は「stop_recording_screen」実行の戻り値であるバイナリデータを、base64デコードでファイルに書き込むことで動画ファイルとして保存することが出来ます。

説明

◆メソッド
  ○画面キャプチャ(静止画)
       ・driver.get_screenshot_as_file("/path/to/capture_file")

  ○動画キャプチャ(録画開始)
       ・driver.start_recording_screen()

  ○動画キャプチャ(録画終了)
       ・device.stop_recording_screen
◆備考
  ・ー
◆その他「Appium API」
  ・デバイスロック関連
  ・画面向きの設定と取得

サンプル

from appium import webdriver
import time
import base64

#接続したいアプリ情報を変数に格納
desired_caps = {}
desired_caps["appium:app"] = "C:\\appium_test\\app-debug.apk"
desired_caps["platformName"] = "Android"
desired_caps["platformVersion"] = "12.0"
desired_caps["appium:deviceName"] = "PixelXLAPI31"
desired_caps["appium:automationName"] = "UiAutomator2"
#セッションの作成
test_session = webdriver.Remote(
    command_executor='http://localhost:4723/wd/hub',
    desired_capabilities= desired_caps)

#画面キャプチャを取得
test_session.get_screenshot_as_file("c:\\capture\\image.png")
#動画キャプチャを開始
test_session.start_recording_screen()
#この15秒の間でアプリ上で任意の操作をする
time.sleep(15)
#動画キャプチャを終了
raw = test_session.stop_recording_screen()
#動画ファイルとして保存
filepath = "C:\\capture\\2023001.mp4"
with open(filepath,"wb") as vd:
    vd.write(base64.b64decode(raw))
※Appium v2.0.0-beta.55で動作確認をしています

実行結果

cap1

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/api/appium_python/capture/image_video_capture-AppiumPython.html on line 179

Appium PythonAPI TOP10
過去1週間(4/12~4/18)

    カテゴリー

    環境構築

    APIリファレンス

    その他

    ページ上部へ戻る
    トップページ > Appium API(逆引き) > 【Appium Python】キャプチャ関連
    Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved