トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Python】presence_of_element_located

【Python】presence_of_element_located・・・指定した要素がDOM上に現れるまで待機する

「presence_of_element_located」を実行することで、指定した要素がDOM上に現れるまで待機することが出来ます。

下記サンプルではまず初めに、「WebDriverWait」コンストラクタの引数に対象driverと待ち時間(秒数)を指定して、インスタンスを作成しています。

次に作成されたインスタンスに対して「until」メソッドを実行しています。「until」メソッドは、引数に指定された条件が真になるまで待機するメソッドです。引数に指定するメソッドの「presence_of_element_located」は、「expected_conditions.presence_of_element_located」の形で用いることで、指定した要素がDOMに表示されているかどうかを確認することができます。また、「presence_of_element_located」は引数を設定する必要があります。引数でどういった方法で要素を取得するか(要素ロケータ)を指定し、カンマで区切って要素ロケータの引数を指定していきます。つまり総合すると指定した要素がDOM上に表示されるまで待機するということになります。もし要素がDOM上で「WebDriverWait」コンストラクタで指定した待ち時間を越えても、期待値の状態にならない場合はexceptionが発生します。

ここで「until」メソッドの変わりに「until_not」メソッドを実行すると、引数に指定された条件が偽になるまで待機するという意味合いになります。つまり今回のケースでは、要素がDOM上で非表示状態になるまで待機するという意味合いになります。

※条件を指定して待機についてはこちら

説明

◆メソッド
  ・presence_of_element_located(locator)
◆使用形態
      ・expected_conditions.presence_of_element_located(locator)
◆備考
  ・要素が視覚的に表示される必要はなくDOM上に現れるかを確認する
  ・最大待機時間を越えてもDOM上に要素が現れない場合はexceptionが発生する
◆関連項目
  ・指定したフレームが利用できる状態になるまで待機する
  ・Alertが表示されるまで待機する

サンプル

from selenium import webdriver
from selenium.webdriver.support.ui import WebDriverWait
from selenium.webdriver.support import expected_conditions
from selenium.webdriver.common.by import By

#ChrmoeDriverサーバーのパスを引数に指定しChromeを起動
driver = webdriver.Chrome("D:\chromedriver")
#指定したURLに遷移する
driver.get("https://www.google.co.jp")
#指定したdriverに対して最大で10秒間待つように設定する
wait = WebDriverWait(driver, 10)
#指定された要素(検索テキストボックス)がDOM上に現れるまで待機する
element = wait.until(expected_conditions.presence_of_element_located((By.ID, "lst-ib")))
#検索テキストボックスにキー入力する
element.send_keys("要素が\"DOM\"上に現れるまで待機する「presenceOfElementLocated」")

実行結果

presenceOfElementLocated
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Python】presence_of_element_located
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved