トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】getX,getY

【Java】getX,getY・・・要素のX座標,Y座標を別々に取得する

「getLocation」で取得した(X,Y)座標に対して、「getX」,「getY」を実行することで要素の(X,Y)座標を別々に取得することが出来ます。

下記のサンプルでは、まずGoogleトップページに存在する検索ボタンへの要素を取得しています。そして、その要素に対して「getLocation」を実行することで、要素の(X,Y)座標を取得しています。ここで、X座標,Y座標を別々に取得したい場合は、X座標ならば「getX」を実行し、Y座標ならば「getY」を実行してそれぞれの座標を別々に取得していきます。

説明

◆メソッド
  ・int getX()
  ・int getY()
◆使用形態
  ・element.getLocation().getX()
  ・element.getLocation().getY()
◆備考
  ・要素の座標はWindowの位置に関係がない
  ・要素の左上隅の座標を取得する
◆関連項目
  ・セレクトタグに含まれるオプションを取得する
  ・セレクトタグの選択されているオプションを取得する

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverサーバーのパスを指定
	System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
		                            "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
	//Chromeを起動する
	WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //指定したURLに遷移する
    driver.get("https://www.google.co.jp");
    //検索ボタンの要素をname属性名から取得
    WebElement element = driver.findElement(By.name("btnK"));
    //検索ボタンの左上隅の座標を取得
    System.out.println("X座標:" + element.getLocation().getX());
    System.out.println("Y座標:" + element.getLocation().getY());
  }
}

実行結果

X座標:388
Y座標:391
getLocation
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】getX,getY
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved