トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】getPageSource

【Java】getPageSource・・・ソースコードを取得する

「getPageSource」は現在表示しているページのソースコードを取得します。

最後にロードされたページのソースコードを取得しますが、ロードされた後にjavascriptなどでHTML操作が加わった場合は、取得したソースコードと実際のソースコードの整合性は保障されません。HTMLに変更が加わる場合は「getPageSource」を実行するタイミングに注意してください。

説明

◆メソッド
  ・java.lang.String getPageSource()
◆使用形態
  ・driver.getPageSource()
◆備考
  ・カレントページのソースコードを取得
◆関連項目
  ・ウインドウハンドルを取得する
  ・複数のウインドウハンドルを取得する

サンプル

import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverのパスを指定
	System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
		                            "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
	//Chromeを起動する
	WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //指定したURLに遷移する
    driver.get("https://www.google.co.jp");
    //カレントページのソースコードを取得して表示
    System.out.println(driver.getPageSource());
  }
}
※selenium version 4.1.4で動作確認をしています(ブラウザのUIや属性値などが変更された場合、実行結果が異なる可能性があります)

実行結果

/*現在表示しているページのソースコードが表示されます*/

JavaAPIアクセス TOP10
過去1週間(9/30~10/06)

  1. isSelected
  2. sendKeys
  3. getCurrentUrl
  4. id
  5. getScreenshotAs
  6. close
  7. get
  8. isDisplayed
  9. cssSelector
  10. click

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】getPageSource
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved