トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】beforeBack/afterBack

【Java】beforeBack/afterBack/beforeForward/afterForward・・・ブラウザの『戻る』または『進む』に対して直前/直後の処理を実施する

「beforeBack/afterBack/beforeForward/afterForward」を実行することで、ブラウザの『戻る』または『進む』に対して直前/直後の処理を実施することが出来ます。

イベント処理をするためにまず初めにすることは、イベント捕捉クラスを定義することです。ここで、イベント捕捉クラスをDriverEventListenerクラスと命名します。DriverEventListenerクラスは、WebDriverListenerインターフェースを継承して作成されたサブクラスです。DriverEventListenerクラスでイベントに対応した各関数をオーバーライドします。ここでは、「beforeBack/afterBack/beforeForward/afterForward」の関数の内容をオーバーライドしています。

イベントを発生させる前にやるべきことがあります。イベント発生クラスである「EventFiringDecorator」コンストラクタの引数にイベント捕捉クラスとWebDriverのインスタンスを指定して、イベント発生クラスのインスタンスを作成する必要があります。そうすることでイベント発生がイベント捕捉クラスに通知できるようになります。

それでは、実際にイベント発生させていきます。イベント発生は、イベント発生クラスのインスタンスに対して操作することで発生させていきます。下記サンプルではページ遷移(GoogleTopページ)をした後、Gmailリンクテキストの要素を取得しています。

この段階では、「beforeBack/afterBack/beforeForward/afterForward」の関数が自動で呼び出される条件は満たしていません。この関数が自動で呼び出されるトリガーとなる操作(イベントが発生する操作)は、ブラウザの『戻る』または『進む』の操作がされた時です。そのため、「back」または「forward」が実行されたときに初めてイベントが発生し、操作前後の内容がコンソール出力されます。

※イベント処理についてはこちら

説明

◆メソッド
  ・public void beforeBack(WebDriver.Navigation navigation)
  ・public void afterBack(WebDriver.Navigation navigation)
  ・public void beforeForward(WebDriver.Navigation navigation)
  ・public void afterForward(WebDriver.Navigation navigation)
◆使用形態
  ・上記メソッドはあらかじめWebDriverListenerインターフェースを継承して
         オーバーライドしておく。
◆備考
  ・このイベントはdriver.navigate().back()メソッドまたは、
    driver.navigate().forward()メソッド実行にて発生する
◆関連項目
  ・URLが遷移する直前/直後の処理を実施する
  ・javascriptを実行する直前/直後の処理を実施する

サンプル

import org.openqa.selenium.By;
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.WebElement;
import org.openqa.selenium.chrome.ChromeDriver;
import org.openqa.selenium.support.events.EventFiringDecorator;
import org.openqa.selenium.support.events.WebDriverListener;

public class WebTest {
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverのパスを指定
    System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
                                    "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
    //Chromeを起動する
    WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //イベント捕捉クラスのインスタンスを作成する
    WebDriverListener eventListener = new DriverEventListener();
    //対象のWebDriverとイベント捕捉クラスをイベント発生クラスへ登録する
    WebDriver decorated = new EventFiringDecorator(eventListener).decorate(driver);
    //指定したURLを開く
    decorated.get("https://www.google.co.jp");
    //Googleの検索テキストボックスの要素をname属性名から取得
    WebElement element = decorated.findElement(By.linkText("Gmail"));
    //Gmail」のリンクテキストをクリックする
    element.click();
    //ブラウザの『戻る』操作を実施
    decorated.navigate().back();
    //ブラウザの『進む』操作を実施
    decorated.navigate().forward();
  }
}
import org.openqa.selenium.WebDriver;
import org.openqa.selenium.support.events.WebDriverListener;

public class DriverEventListener implements WebDriverListener {
  //ブラウザの『戻る』直前の処理
  @Override
  public void beforeBack(WebDriver.Navigation navigation) {
    System.out.println("beforeBack()実行前");
  }
  //ブラウザの『戻る』直後の処理
  @Override
  public void afterBack(WebDriver.Navigation navigation) {
    System.out.println("afterBack()実行後");
  }
  //ブラウザの『進む』直前の処理
  @Override
  public void beforeForward(WebDriver.Navigation navigation) {
    System.out.println("beforeForward()実行前");
  }
  //ブラウザの『進む』直後の処理
  @Override
  public void afterForward(WebDriver.Navigation navigation) {
    System.out.println("afterForward()実行後");
  }
}
※selenium version 4.1.4で動作確認をしています(ブラウザのUIや属性値などが変更された場合、実行結果が異なる可能性があります)

実行結果

beforeBack()実行前
afterBack()実行後
beforeForward()実行前
afterForward()実行後
navigate
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

JavaAPIアクセス TOP10
過去1週間(9/30~10/06)

  1. isSelected
  2. sendKeys
  3. getCurrentUrl
  4. id
  5. getScreenshotAs
  6. close
  7. get
  8. isDisplayed
  9. cssSelector
  10. click

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】beforeBack/afterBack
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved