トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】click

【Java】click・・・要素をクリックする

「click」を実行することで要素をクリックすることが出来ます。

要素.click()の形で要素をクリックすることが出来、サンプルではWebElementクラスの「click」を利用します。また、クリックされる要素はVisibleで幅と高さが0より大きくなければならないという制約があります。

ダブルクリックや特定座標をクリックする場合はActionクラスを利用します。

説明

◆メソッド
  ・void click()
◆使用形態
  ・element.click()
◆備考
  ・特になし
◆関連項目
  ・キーボード入力をする(通常キー)
  ・キーボード入力をする(特殊キー)

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverのパスを指定
	System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
			                            "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
	//Chromeを起動する
	WebDriver driver = new ChromeDriver();
	//指定したURLに遷移する
	driver.get("https://www.google.co.jp");
    //リンクテキスト名が"画像"の要素を取得
	WebElement element = driver.findElement(By.linkText("画像"));
	//画像のリンクをクリック
	element.click();
  }
}

実行結果

click1
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。
yajirushi
click2

Fatal error: Uncaught Google_Service_Exception: Error calling GET https://www.googleapis.com/analytics/v3/data/ga?ids=ga%3A138132118&start-date=7daysAgo&end-date=yesterday&metrics=ga%3Apageviews&dimensions=ga%3ApageTitle%2C+ga%3ApagePath&sort=-ga%3Apageviews&max-results=1000: (403) Quota Error: Number of recent failed reporting API requests is too high, please implement exponential back off. See developer documentation for details at https://developers.google.com/analytics/devguides/reporting/core/v4/limits-quotas#reporting_apis_request_errors in /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php:110 Stack trace: #0 /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php(62): Google_Http_REST::decodeHttpResponse(Object(Google_Http_Request), Object(Google_Client)) #1 /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Task/Runner.php(174): Google_Http_REST::doExecute(Object(Google_Client), Ob in /home/users/1/monda-muki/web/seleniumqref.com/google-api-php-client-1-master/src/Google/Http/REST.php on line 110