トップページ > Seleniumインストール > ビルドスクリプトの記述

ビルドスクリプトの記述

テストコードの記述

src/test/java内のデフォルトパッケージに存在する「LibraryTest.java」にSelenium動作確認用のテストコードを以下のように記述します。
(パッケージ名やクラス名は任意に変更してください)

public class LibraryTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverサーバーのパスを指定
    System.setProperty("webdriver.chrome.driver", "C:\\AutoTest_Java\\chromedriver.exe");
    //Chromeを起動する
    WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //指定したURLに遷移する
    driver.get("https://www.google.co.jp");
  }
}


この段階では、WebDriverやChromeDriverなどのSelenium関連の型が解決できていないため赤線が出てしまいます。

eclipse_project_1

また、型を解決するためのクラスがEclipse上に存在する場合は未解決の型上にマウスカーソルを当てるとImport出来るクラスの一覧が表示されますが、存在しないため必要なクラスが表示されない状態になっています。

eclipse_TestCode_2

Gradleの記述とクラスライブラリのダウンロード

この状態を解決するため必要なクラスを取得する必要があります。
そのためにGradleといわれるビルドシステムを利用します。Gradleでは必要なクラスライブラリを取得するために「build.gradle」というファイルにビルドスクリプトを記述します。 ここでは以下のように記述していきます。

//Javaプロジェクトのビルドで必須の"Javaプラグイン"を使用する宣言
apply plugin: 'java'

//クラスライブラリをダウンロードするためのリポジトリを指定
repositories {
    jcenter()
}

//selenium-javaの所属するグループとダウンロードしたいseleniumバージョンを指定
dependencies {
    testCompile group: 'org.seleniumhq.selenium', name: 'selenium-java', version: '2.53.1'
}
※Gradleはインターネット接続環境で利用します。

eclipse_GradleCode_1

次にビルドスクリプトの記述を反映させるためにプロジェクトのImportを実施します。
メニュー[ファイル] - [インポート]を選択します。

eclipse_GradleCode_2

Gradleフォルダを展開し、[Gradleプロジェクト]を選択して[次へ]ボタンを押下します。

eclipse_GradleCode_3

再び[次へ]ボタンを押下します。

eclipse_GradleCode_4

現在と同じプロジェクトを選択し、[完了]ボタンを押下します。
完了ボタンを押下することでjcenterリポジトリから必要なクラスライブラリをEclipseにダウンロードします。
※jcenterは「build.gradle」に記述されたインターネット上のリポジトリサービスです。

eclipse_GradleCode_5

前のページへ次のページへ

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Seleniumインストール > ビルドスクリプトの記述
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved