トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Ruby】implicit_wait

【Ruby】implicit_wait・・・指定したドライバの要素が見つかるまでの待ち時間を設定する

「implicit_wait」を実行することで、指定したドライバの要素が見つかるまでの待ち時間を設定出来ます。

下記サンプルでは、GoogleTopページに遷移する前に、指定したドライバに対して「implicit_wait」を実行しています。「implicit_wait」に数値(秒数)を代入することで指定した待ち時間の間、要素が見つかるまで(ロードされるまで)待機します。また、「implicit_wait」を実行したdriverの要素全てに対して、見つかるまでの待ち時間を一律に指定していきます。 (下記サンプルに話を戻し)続いて「driver.find_element(:id, 'abc')」で要素取得を試みていますが、指定したidである'abc'はGoogleTopページに実在しないidである為、要素を見つけることができません。しかし、画面遷移直後に要素がロードされていない時に待機するのと同じように、HTML上に実在しないidで要素取得を試みた場合でも、「implicit_wait」で指定した待ち時間分待機します。

説明

◆メソッド
  ・implicit_wait
◆使用形態
  ・driver.manage.timeouts.implicit_wait = 30
◆備考
      ・待ち時間には秒数を指定
  ・設定した待ち時間を越えても要素が見つからない場合は、Errorが発生
◆関連項目
  ・
  ・

サンプル

require 'selenium-webdriver'
 
# Firefoxを起動
driver = Selenium::WebDriver.for(:firefox)
#要素がロードされるまでの待ち時間を10秒に設定
driver.manage.timeouts.implicit_wait = 10
#指定したURLに遷移する
driver.get('https://google.co.jp/')
#存在しないIDを指定。10秒待った後にErrorが発生するか確認
element = driver.find_element(:id, 'abc')

実行結果(10秒後にErrorが発生)

WebDriverError@chrome://marionette/content/error.js:172:5: Unable to locate element: #abc (Selenium::WebDriver::Error::NoSuchElementError)
・
・
・

動画デモ

※字幕をONにすると解説のテロップが表示されます※

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Ruby】implicit_wait
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved