トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Python】set_window_position

【Python】set_window_position・・・ウィンドウの位置を設定する

「set_window_position」の引数にX座標/Y座標の値を指定することでウインドウ(ブラウザ)を移動させることができます。

画面左上隅がX軸:0 ,Y軸:0 の原点になっており、サンプルのように(200,300)を指定するとウインドウ左上隅が、X軸:200,Y軸:300に移動します。また、負の値も設定することができます。X軸を負の値にした場合はウインドウの左側部分が、Y軸を負の値にした場合は上側部分が画面からはみ出て一部表示されなくなります。

説明

◆メソッド
  ・set_window_position(x,y)
◆使用形態
  ・driver.set_window_position(x,y)
◆備考
  ・カレントウィンドウに対して行う
  ・Windowの左上隅ポジションを設定
◆関連項目
  ・ウインドウを閉じる(全てのウインドウ)
  ・ブラウザを履歴中で一段階戻す

サンプル

from selenium import webdriver

#ChrmoeDriverサーバーのパスを引数に指定しChromeを起動
driver = webdriver.Chrome("D:\chromedriver")
#指定したURLに遷移
driver.get("https://www.google.co.jp")
#ページが完全にロードされるまで最大で30秒間待機
driver.set_page_load_timeout(30)
#カレントウインドウのポジション(左上隅の座標)をX座標:200,Y座標:300に設定
driver.set_window_position(200,300)

実行結果

setPosition1
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。
yajirushi
setPosition2

動画デモ

※字幕をONにすると解説のテロップが表示されます※

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】set_window_position
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved