トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Python】location

【Python】location・・・要素の(X,Y)座標を取得する

要素に対して「location」を実行することで要素の(X,Y)座標を取得することが出来ます。

下記のサンプルでは、まずGoogleトップページに存在する検索ボタンへの要素を取得しています。そして、その要素に対して「location」を実行することで、要素の(X,Y)座標を取得しています。ここで要素の座標取得位置ですが、要素の左上隅の座標を取得していきます。また、要素の座標はウインドウ位置に影響されることはなく、ウインドウがどの位置にどういったサイズで存在しようと影響はうけず一定の座標を取得することが出来ます。

説明

◆メソッド
  ・location
◆使用形態
  ・element.location
◆備考
  ・要素の左上隅(X,Y)座標を取得する
◆関連項目
  ・セレクトタグの選択されているオプションを取得する
  ・属性名から属性値を取得する

サンプル

from selenium import webdriver

#ChrmoeDriverサーバーのパスを引数に指定しChromeを起動
driver = webdriver.Chrome("D:\chromedriver")
#指定したURLに遷移する
driver.get("https://www.google.co.jp")
#検索ボタンの要素をname属性名から取得
element = driver.find_element_by_name("btnK")
#検索ボタンの左上隅の座標を取得
print(element.location)

実行結果

{'x': 388, 'y': 391}
getLocation
getLocation2
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

動画デモ

※字幕をONにすると解説のテロップが表示されます※

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Python】location
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved