トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】setScriptTimeout

【Java】setScriptTimeout・・・javascript実行が終了するまでの待ち時間を設定する

「setScriptTimeout」を実行することで、javascript実行が終了するまでの待ち時間を設定することが出来ます。

下記サンプルでは、指定したドライバに対して「setScriptTimeout」を実行しています。「setScriptTimeout」の引数に数値(秒数)を指定することで、指定した待ち時間の間、javascript実行が終了するまで待機します。 仮にjavascript実行時間が「setScriptTimeout」の引数に指定した待ち時間を超えた場合は、TimeoutExceptionが発生してしまいます。

説明

◆メソッド
  ・WebDriver.Timeouts setScriptTimeout(long time, java.util.concurrent.TimeUnit unit)
◆使用形態
  ・driver.manage().timeouts().setScriptTimeout(time,TimeUnit))
◆備考
  ・非同期スクリプトの待ち時間を設定する
  ・設定した待ち時間を越えてjavascriptが動作していた場合ScriptTimeoutExceptionが発生する
◆関連項目
  ・HTTP 200が返ってくるまでの待ち時間を設定する
  ・指定したドライバの要素が見つかるまでの待ち時間を設定する

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverサーバーのパスを指定
    System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
                                    "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
    //Chromeを起動する
    WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //Javascript実行が終了するまで最大5秒間待つように指定
    driver.manage().timeouts().setScriptTimeout(5,TimeUnit.SECONDS);
    //現在時刻を取得
    long start = System.currentTimeMillis();
    //指定時間待機する非同期スクリプト(ここでは3秒待機)
    ((JavascriptExecutor) driver).executeAsyncScript
    ("window.setTimeout(arguments[arguments.length - 1], 3000);");
    //再度現在時刻を取得し差分の時間を表示する
    System.out.print("経過時間: "+ (System.currentTimeMillis() - start));
  }
}

実行結果

経過時間: 3073

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】setScriptTimeout
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved