トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】xpath

【Java】xpath・・・xpathから要素を取得する

「xpath」の引数にxpath値を指定することで要素を取得することが出来ます。

xpathとは、XML Pathを省略したものです。xpathは構文が定められており、その構文に従ったxpath値を「xpath」の引数に指定する必要があります。

ただ、構文に従って記入するというよりも、Chromeデベロッパー・ツール(Chromeを立ち上げて「F12」キーを押下)やFireBugの拡張機能であるFirePathを用いることで、ターゲットのxpathを手軽に調べることが出来ます。
※Chromeデベロッパー・ツールからxpathを取得した場合、id属性はダブルクオーテーションで囲まれますが、シングルクオーテーションにする必要があります。

xpathは一意に要素を取得することができる便利な記法ですが、UIが変更された場合、ページ内の全ての要素が影響を受ける(xpathが変わってしまう)可能性があるので注意が必要となります。

※要素取得の詳細についてはこちら

説明

◆メソッド
  ・public static By xpath(java.lang.String xpathExpression)
◆使用形態
  ・By.xpath("xpath")
◆備考
  ・引数に取得したい要素のxpathを指定することで要素を取得できる
◆関連項目
  ・cssセレクタから要素を取得する
  ・アクティブな要素を取得する

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverサーバーのパスを指定
	System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
		                            "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
	//Chromeを起動する
	WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //指定したURLに遷移する
    driver.get("https://www.google.co.jp");
    //Googleの検索テキストボックスの要素をxpathから取得
    WebElement element = driver.findElement(By.xpath("//*[@id='lst-ib']"));
    //検索テキストボックスに"xpathとは?"を入力
    element.sendKeys("xpathとは?");
    //Enterキーを押下してGoogle検索を実行
    element.sendKeys(Keys.ENTER);
  }
}

実行結果

xpath
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

動画デモ

※字幕をONにすると解説のテロップが表示されます※

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】xpath
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved