トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】presenceOfElementLocated

【Java】presenceOfElementLocated・・・指定した要素がDOM上に現れるまで待機する

「presenceOfElementLocated」を実行することで、指定した要素がDOM上に現れるまで待機することが出来ます。

下記サンプルではまず初めに、「WebDriverWait」コンストラクタの引数に対象driverと待ち時間(秒数)を指定して、インスタンスを作成しています。

次に作成されたインスタンスに対して「until」メソッドを実行しています。「until」メソッドは、引数に指定された条件が真になるまで待機するメソッドです。引数に指定するメソッドの「presenceOfElementLocated」は、「ExpectedConditions.presenceOfElementLocated」の形で用いることで、指定した要素がDOMに表示されているかどうかを確認することができます。また、「presenceOfElementLocated」は引数を設定する必要があります。引数でどういった方法で要素を取得するか(要素ロケータ)を指定し、要素を取得しています。つまり総合すると指定した要素がDOM上に表示されるまで待機するということになります。もし要素がDOM上で「WebDriverWait」コンストラクタで指定した待ち時間を越えても、期待値の状態にならない場合はExceptionが発生します。

※条件を指定して待機についてはこちら

説明

◆メソッド
  ・public static ExpectedCondition<WebElement> presenceOfElementLocated(By locator)
◆使用形態
  ・ExpectedConditions.presenceOfElementLocated(locator)
◆備考
  ・要素が視覚的に表示される必要はなくDOM上に現れるかを確認する
  ・最大待機時間を越えてもDOM上に要素が現れない場合はExceptionが発生する
◆関連項目
  ・特定文字列を含むページタイトルを取得するまで待機する
  ・特定文字列を含むURLを取得するまで待機する

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
	//Chrome制御のためChromeDriverサーバーのパスを指定
	System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
			                            "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
	//Chromeを起動する
	WebDriver driver = new ChromeDriver();
	try{
      //指定したURLに遷移する
	  driver.get("https://www.google.co.jp");
  	  //指定したdriverに対して最大で10秒間待つように設定する
  	  WebDriverWait wait = new WebDriverWait(driver, 10);
  	  //指定された要素(検索テキストボックス)がDOM上に現れるまで待機する
      WebElement element = wait.until(ExpectedConditions.
                                presenceOfElementLocated(By.id("lst-ib")));
      //検索テキストボックスにキー入力する
      element.sendKeys("要素が"DOM"上に現れるまで待機する「presenceOfElementLocated」");
	}catch(Exception e){
      e.printStackTrace();
	}
  }
}

実行結果

presenceOfElementLocated
 ※GoogleおよびGoogleロゴはGoogle Inc.の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】presenceOfElementLocated
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved