トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】setCapability

【Java】setCapability・・・個々のDesiredCapabilities情報を設定する

「setCapability」を実行することで個々のDesiredCapabilities情報を設定することが出来ます。

DesiredCapabilitiesとはブラウザごとに要求される設定情報で、Selenium Gridなど、様々なOSで異なるブラウザでテストするときなどに用いられます。個々のDesiredCapabilities情報(platform、browserNameなど)を設定するには、「setCapability」の引数にcapability名と値を指定します。

下記サンプルではChromeで、platform:MAC version:60.0.3112.101でテストを実施したいので、DesiredCapabilitiesのインスタンスに対して「setCapability」で、capability名(platform)のキーと、値(MAC)を指定して実行していきます。versionに関しても同様にキーと値を指定していきます。

※Capabilitiesについてはこちら

説明

◆メソッド
  ・public void setCapability(java.lang.String capabilityName,java.lang.String value)
  ・public void setCapability(java.lang.String capabilityName,Platform value)
◆使用形態
  ・desiredcapabilities.setCapability(capabilityName,str_value)
  ・desiredcapabilities.setCapability(capabilityName,plat_value)
◆備考
  ・setCapability()での可変設定と、DesiredCapabilitie.chrome()などで得られる
         固定設定内容を混同しなこと
◆関連項目
  ・ブラウザごとのDesiredCapabilitiesを確認する
  ・個々のDesiredCapabilitie情報を確認する

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //以下、ChromeのDesiredCapabilitiesを設定していく
    DesiredCapabilities desiredcapabilities = new DesiredCapabilities();
    //ブラウザ名を設定
    desiredcapabilities.setCapability("browserName", "CHROME");
    //バージョンを設定
    desiredcapabilities.setCapability("version", "60.0.3112.101");
    //プラットフォームを設定
    desiredcapabilities.setCapability("platform",”MAC”);
    //設定内容を確認
    System.out.println(desiredcapabilities.getBrowserName());
    System.out.println(desiredcapabilities.getVersion());
    System.out.println(desiredcapabilities.getPlatform());
  }
}

実行結果

CHROME
60.0.3112.101
MAC

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】setCapability
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved