トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】dragAndDropBy/perform

【Java】dragAndDropBy/perform・・・要素を特定座標にドラッグ&ドロップする

「dragAndDropBy」「perform」を連続で実行することで要素を特定座標にドラッグ&ドロップすることが出来ます。

下記サンプルでは、Actionsクラスのインスタンス作成する為に、Actionsクラスのコンストラクタの引数に、対象driverを指定してインスタンスを作成しています。続いて作成したインスタンスに対して「dragAndDropBy」のメソッドを実行しています。このメソッドは第1引数で指定した要素をクリックしそのままドラッグ状態にします。続いて第2引数で、第1引数のX座標からX方向にどれだけ移動させるか(オフセット)を指定します。第3引数も同様に、第1引数のY座標からY方向にどれだけ移動させるか(オフセット)を指定します。最後に「perform」を実行することで、これまでのメソッドをビルドした後、実行していきます。

※アクションについてはこちら

説明

◆メソッド
  ・Actions dragAndDropBy(WebElement element,int xOffset,int yOffset)
                           :要素を指定座標にドラッグ&ドロップ
  ・void  perform()                 :処理の実行
◆使用形態
  ・action.dragAndDropBy(element,xOffset,yOffset)
                  .perform();
◆備考
  ・ドラッグ操作の"clickAndHold(element) "と座標指定の"moveByOffset(xOffset,yOffset)"
     とドロップ操作の"release()"を1つにしたメソッド
◆関連項目
  ・要素を他の要素へドラッグ&ドロップする
  ・キーボードを押しながら要素をクリックする

サンプル

public class WebTest{
  public static void main(String[] args){
    //Chrome制御のためChromeDriverサーバーのパスを指定
    System.setProperty("webdriver.chrome.driver",
                                    "D:\\AutoTest\\chromedriver.exe");
    //Chromeを起動する
    WebDriver driver = new ChromeDriver();
    //指定したURLに遷移する
    driver.get("http://jqueryui.com/draggable/");
    //要素がロードされるまでの待ち時間を30秒に設定
    driver.manage().timeouts().implicitlyWait(30,TimeUnit.SECONDS);
    //ドラッグ対象の要素が存在するフレームに切り替える
    driver.switchTo().frame(0);
    //IDが"draggable"の要素を取得(ドラッグ対象の要素)
    WebElement element = driver.findElement(By.id("draggable"));
    //要素をX方向に250ポイント,y方向に200ポイントドラッグアンドドロップさせる
    Actions action = new Actions(driver);
    action.dragAndDropBy(element,element.getLocation().getX()+250,
                        element.getLocation().getY()+200)
               .perform();
  }
}

実行結果

dragAndDropBy
yajirushi
dragAndDropBy2

カテゴリー

Selenium導入

APIリファレンス

その他

ページ上部へ戻る
トップページ > Selenium API(逆引き) > 【Java】dragAndDropBy/perform
Copyright © 2016- Seleniumクイックリファレンス All Rights Reserved